以下、私の育毛法だ。随分生活に定着してきました・・現状維持は腹一杯できております。

ボクが、育毛の為にかけてきた額面といった時間は、人並み以上だと自負しております。それは、20代~30代初期の時は、髪が薄くなる事態への戦慄がいっぱい強かったからです。但し、昔と比べると、私の育毛技法もずいぶん洗練(?)されてきました(余地がでてきたのでしょうか・・)。ほとんど、日々欠かせないのは薬剤とサプリだ。服用し続けて早2年、“フィナステリド”製剤(AGAケアでお馴染み、有名な物は“プロペシア”だ)は、私の育毛法の立役者だ。これによって、「男性形抜毛症」の一番の災難要因です5αリダクターゼを解きほぐします。守りの要ですね。そうして、サプリ。ビタミンB群、単に“ビオチン”は必須です。これは、髪や皮膚のコネクションに必要なビタミンであって、美肌影響もあるようですよ。髪や皮膚を組み立てるのに貴重、といえば、“亜鉛”も欠かせません。これを日々適量投薬。眼精疲労も脱毛を誘発するようですね。ですから、ビタミンB1・B6・B12に特化したビタミン剤を(疲労を感じたタイミング)服用することもあります。さらに、眼精疲労で言えば、瞳を続ける栄養分です“ルテイン”のサプリを日々摂取。これらを、ざっと、朝飯上ってサパー後にまとめて服用することにしております。過剰摂取に注意が必要なのは(過剰症が起こるのは)、亜鉛とルテインでしょうか(ビタミンB群は、水溶性のビタミンですので、過剰分は潤いっていっしょに体調から流れていきます)。・・二度と・・って続けたいところですが、すごく自分の服用しているサプリを紹介して行く記事になってしまうようで、感服できませんね(笑)それらの摂取もいいのですが、それにも増して「血行を良くすることは」非常に大事だと聞いております。血行促進については、ビタミンB群などもそれを補いますが、「表層」からの接待も貴重。から、ボクは“ミノキシジル”を主成分とした育毛剤を、入浴後にスカルプにつけてマッサージしております・・こちらには、多少の勝手さを感じておりますが(ミノキシジルという元の影響自身、血管を展開しますので)、状勢を維持しているのは、これらのお陰だと感じております。色々努めすぎて、一体どれが現状維持に対して効果を発揮しているのか思い付か状態ですが、私の状勢において、これらの賜物は欠かせないものとなっております。首のイボや顔イボの治療方法とイボが出来る原因

以下、私の育毛法だ。随分生活に定着してきました・・現状維持は腹一杯できております。